Beatsを3000億円で買収

20140531-070706-25626859.jpg

Appleは先日Beats Eletronicsを買収したことを発表した。 買収価格は30億ドルだった。共同ファウンダーはラップ・ミュージシャンのDr. Dreと音楽業界のベテラン、Jimmy Iovineで、主要な事業はヘッドフォンと音楽ストリーミングだ。
Appleが買収したBeatsをどのように運営するのかが注目されていたが、音楽ダウンロード・サービスであるiTunesにストリーミング・サービス化するというリスクは冒さず、Beatsの音楽ストリーミング・サービスはiTunes別個に、並行して運営していくという。ストリーミング・サービスのビジネスモデルは定額制の聴き放題だ。
私は先週、Apple は両サービスを並行して運営するというスクープ記事を書いたが、幸い、これが確認されたことになる。
Appleの上級副社長でiTunesの責任者、Eddy Cueは今回の30億ドルの買収を発表したプレスリリースで「Beatsの参加によってAppleの音楽サービスのラインナップは大きく強化される。無料ストリーミングのiTunes Radioに加えて世界でもトップクラスの有料音楽ストリーミングのBeats Musicを提供することができるようになった。もちろん長年愛されてきたiTunes Storeで従来通りダウンロード購入サービスを続けていく」と述べた。
この最後の部分に注目していただきたい。 CueとAppleはストリーミング・サービスを始めるに当って、いきなりダウンロード・サービスを廃止して従来のユーザーにショックを与える代わりに、ストリーミングを新たなオプションとして提供することにした。すでに大きなデジタル音楽のライブラリを作っているユーザーは今後もiTunes Storeからダウンロードを続けることができる。Financial TimesのTim Bradshawによれば、Appleの買収後もBeats MusicはAndroidとWindows Phoneから引き続き利用できるという。
Kleiner Perkinsの伝説的インターネット・アナリスト、Mary Meekerが2014版インターネット・トレンド・レポートで示しているところによると、デジタル音楽のダウンロードの売上高はストリーミングの成長と共に下降線をたどっている。デジタル楽曲の売上は2013年中に6%減少し、2014年の第1四半期には対前年同期比で13.3%も下落した。一方、アメリカにおける音楽ストリーミングの利用は2013年に32%アップしている。一言でいえば、セル・モデルは衰退しつつあり、ストリーミング・モデルこそが未来だ。

iWatchへの期待は発売前から

20140530-085013-31813787.jpg

Appleは、今のところまだスマートウォッチ関連のプロダクトを発表していない。しかし既に、スマートウォッチ業界で2番めの影響力をもつ(influential)企業となっているのだそうだ。ちなみにトップはSamsungだ。
ランキング情報は、Appinionsの「Smart Watch Influencer」によるものだ(訳注:サイトで登録を行えば誰でもレポート全文を見ることができる)。1位となったSamsungはいくつかスマートウォッチを市場に送り出しているし、3位に位置するGoogleも、いくつかのプロダクトに関係している。そのような中で、まだ具体的プロダクトの存在しないAppleが2位になるというのは、すなわち市場からの期待の大きさを示すものとみることができよう。Appleの方がスマートウォッチ関連の質問を受けた際には、「ノー・コメント」と回答するのが常で、これもまた参入を否定するわけではないという意味に、市場には受け取られている。
Samsung、Apple、そしてGoogle以外のトップ10はMotorola、LG、Acer、Pebble、Sony、Intel、そしてMicrosoftとなっている。
この世界にはやくから参入していたPebbleは、影響力という観点からみると、ポジションを低下させているようだ。
さらに、人物毎にみても、NikeのCEOであるMike Parkerと、Misfit WearablesのCEOであるSonny Vuに続いてAppleのTim Cookが3位になっている。
先にも記した通り、Appleはウェアラブルの分野のプロダクトをまだリリースしていない。しかし動きが見て取れないわけでもない。たとえば医療系センターのエクスパートたちを入社させているし、またBurberryのCEOを販売戦略担当に据えたりもしている。さらにNikeのFuelBandのデザイナーも戦力に加えているようだ。
但し、影響力をもち、また有能な人材を採用しているからといって、AppleのiWatchが大成功をおさめるかどうかは、まだわからない。喜び勇んで購入した人が、引き出しに仕舞いこんでオシマイなどということになる可能性も、ないではない。

正式発表されました‼︎

20140529-100708-36428701.jpg

WWDCを目前に発表きちゃうましたよー
「音楽はアップルのDNAにとって重要な一部であり、つねにそうあり続けるでしょう。」アップルのインターネットソフトウェア・アンド・サーヴィス部門担当の上級副社長、エディー・キューは言います。「Beatsが加わることで我々の音楽製品ラインアップはさらに充実し、iTunes Radioでの無料ストリーミングから、Beatsの世界的サブスクリプションサーヴィス、そしてもちろん、何年もユーザーに愛されてきたiTunes Storeでの楽曲購入までがそろいます。
今まで、アップルがストリーミング音楽ビジネスに完全に飛び込むのはいつになることかとみんな気をもんできました。が、おそらくBeatsを解体してイチから自前で作るというよりは、Beatsの既存サーヴィスをビジネス参画のチケットとして使うようですね。少なくとも当面、アップルの音楽サーヴィスはBeats Music、iTunes Store、iTunes Radioの3つが併存するってことです。
BeatsのTwitterアカウントでも、この発表についてDr. Dreの曲名とひっかけて「次のエピソード(The Next Episode)に向けて」とツイートしています。

さんざん噂になった通り、アップルがBeatsを30億ドル(約3000億円)で買収することが正式発表されました。アップルが買ったのはBeatsのヘッドフォンビジネスと、彼らが最近立ち上げたストリーミングオーディオサーヴィス、その両方です。Beats創業者のジミー・アイオヴィン氏とDr. Dreはアップルに入ります。そう、Dr. Dreがアップルで働くようになるんです。
アップルがBeatsに何を求めているのかについてはいろんな憶測がありましたが、まずは多分、お買い得だったってことでしょう。Beatsは多額の利益をあげており、それはアップルストアでのヘッドフォンの売れっぷりからアップルも認識しているはずです。
ただ興味深いのは、アップル役員のエディー・キュー氏のプレスリリースでのコメントです。

Appleがスマートホームに参加するかもしれません

20140528-071211-25931733.jpg

Appleがスマートホーム分野に本格参入しようとしているとFinancial Timesの最新記事が報じた。同社はiPhone等のiOSデバイスを、スマートホーム機器用プラットフォームに変え、照明やセキュリティーシステム等の〈つながる家電〉を制御可能にしようとしている。プラットフォームはiPhoneに内蔵され、複数のサードパーティーアプリに分散するのではなく、集中制御方式をとると同紙は伝えている。新プラットフォームは来週のWWDCで披露される。
対応機種にはiPhone、iPadだけでなく、Apple TVも含まれると記事は伝えており、Apple TVは今年中に新機種が出るという。これらを組み合わせることにより、例えば部屋に入ると照明が点灯したり、家を離れるとセキュリティーシステムが有効になる等の自動化が可能になる。サードパーティーハードウェアの「Made for iPhone」プログラムと同じく、Dropcam、Next、Philips等のアクセサリーメーカーは、自社のスマートホーム機器がAppleの自動化プラットフォームで動作することの認定を受けることができる。

通知音をかっこよく

20140527-093633-34593471.jpg

ポケベル・携帯電話・スマートフォンの着信音で演奏が行われたり、フロッピーディスクドライブでゴーストバスターズのテーマなどの演奏が行われたりと、よく知った音が予想外に秀逸な音楽に変化させられることがありますが、定番のiPhone着信音やSiriの声がやたらとかっこいい音楽にリミックスされ、YouTube上で話題となっています。
MetroGnomeさんはこれまでもドラマ「ブレイキング・バッド」のテーマやファレル・ウィリアムスの「Happy」をリミックスして注目を集めていましたが、その中でもMetroGnomeさん版iPhone着信音は6日間で120万回以上再生される人気音源となっています。

auも4G表記に変更

20140526-072834-26914377.jpg
 ネットワーク接続の「4G」表示への変更は、今年のau夏モデルのAndroidスマホではすでに行なわれていた(春モデルまでは「LTE」表示)。

 au夏モデルのAndroidスマホでは、複数の周波数を束ねて通信速度を高速化する「キャリアアグリゲーション」とともに、KDDI傘下のUQコミュニケーションズによる「WiMAX 2+」のネットワークにも対応している。このWiMAX 2+自体はLTEの一仕様であるTD-LTEと互換性を持つが、公式には“LTE”とはうたっていないことから、夏スマホ発表会でも、この変更は自然に受け入れられていた。
 ネットワーク接続の「4G」表示への変更は、今年のau夏モデルのAndroidスマホではすでに行なわれていた(春モデルまでは「LTE」表示)。

 au夏モデルのAndroidスマホでは、複数の周波数を束ねて通信速度を高速化する「キャリアアグリゲーション」とともに、KDDI傘下のUQコミュニケーションズによる「WiMAX 2+」のネットワークにも対応している。このWiMAX 2+自体はLTEの一仕様であるTD-LTEと互換性を持つが、公式には“LTE”とはうたっていないことから、夏スマホ発表会でも、この変更は自然に受け入れられていた。

左がau冬モデルの「GALAXY Note 3」で、右がau夏モデルの「GALAXY S5」

 TD-LTEと互換性を持つWiMAX 2+やAXGP(ソフトバンク傘下のWCPが提供)といったネットワークに、今年発表されるであろう新iPhoneのau版/ソフトバンク版が対応するかどうかは、これだけではもちろん何とも言えないが、なにはともあれ新iPhoneの発表が楽しみということだけは間違いない。ちなみにソフトバンク版iPhoneは、昨秋の時点で「LTE」の表示が「4G」に切り替えられている。

WWDCの予定発表

20140525-204714-74834784.jpg
先日アップデートされ公開されたiOS向け公式アプリ「WWDC」では、今回のプログラムなどのスケジュールが公開されているのですが、多くの開発者が今回新しく何が発表されるのか期待している一方、アップルは妙なタイトルのセッションを数多く用意しています。

例年、タイトルが決まっていないセッションもあるのですが、今年内容が決まっていないタイトルは非常にたくさんあります。特に2日月曜日のキーノートスピーチに続く、3日火曜日から4日水曜日のセッションは、ほとんどが奇妙なタイトルになっています。これまでは「セッションの内容は後日発表」と、決まりきった表現だったのですが、今年に限っては、セッションのタイトルに「ノーコメント」、「このセッションは封鎖されています」、「まだ秘密です」「数日後にはっきりします」「話せません」「このセッション内容は予想できません」「もう少しお待ちください」「まだ、ちょっと秘密です」「本当は話したいんです」「知りたくありませんか?」などのセッションタイトルとなっています。

今年は特に、これまでリリースが噂されていながら発表されていない製品が数多くあり、その中でも第3世代Apple TV、MacBook Air、iWatchが発表される可能性が高く、詳細が公表されていないセッションでは、これらの製品に関するものになるのではないかと予想できます。

サイドディスプレイが搭載

20140524-083330-30810502.jpg

今月、Appleのサイドディスプレイに関する特許が、アメリカの特許商標庁に承認されたようです。もしも、この技術がiPhone6に採用されれば、側面でもタッチスクリーン操作ができるようになるというわけ。

他にも…鞄の中にiPhoneを入れておいて、知らないうちにボタンを押してしまった!という経験はありませんか?

米国特許商標庁によれば、Appleが、誤操作をなくす操作ボタンの特許も取得したとのこと。これは、ユーザーの指以外の物がボタンに触れても反応しないというもの。

WWDCには隠し球があるみたいです

20140523-071056-25856740.jpg

Apple confirms WWDC 2014 keynote to be held Monday, June 2nd at 10 AM PT; new hardware likely | 9to5Mac
大手サイト「9to5Mac」によると、世界のMac・iOS開発者が集う一大イベント「WWDC 2014」において、Appleが現地時間の6月2日に基調講演を行うそうです。
基調講演では例年通り、次期iPhoneに採用される「iOS 8」や「OS X」の新バージョン、各種新サービスなどが発表されると考えられますが、情報筋によると、新しいハードウェアの発表が計画されているとのこと。
新たなハードウェアがRetinaディスプレイ搭載の新型MacBook Airか新型Apple TV、あるいは時計型デバイス「iWatches」になるのかは不明ですが、何が飛び出すことになるのかは気になるところ。
2013年にはティム・クックCEOが「今年の秋から2014年を通じて、本当にすばらしい製品群の提供を計画している」とコメントしていたものの、2014年に特に大きな動きを見せていないAppleだけに、注目が集まることになりそうです。

1位でも追放

20140522-072753-26873152.jpg
Appleはアメリカでゲーム部門のトップを占めていたWeed FirmをApp Storeから削除した。このゲームはGrand Theft Autoのマリファナ愛好家版と呼ばれていた。プレイヤーはマリファナ(weed)を栽培して売りさばき、ギャングたちと渡り合いながら、大金を儲けることに努める。
デベロッパーのウェブサイトによればApp Storeからの取り下げはApple側の全く一方的な決定だという。
AppleがこんなゲームにApp Storeのチャートのトップに居座わられたくないという考えた気持ちは分かる。だが、似たようなゲームが多数ある中でWeed Firmだけが狙い撃ちされた理由が、単に有名になってしまったからというだけなら釈然としないものが残る。この点に関してAppleにコメントないし説明を求めているが回答はない。