Appleの最新サービス

20140716-073003-27003752.jpg
アップルが新サービス iTunes Pass を国内向けに開始しました。iTunes Pass は iOS の Passbook アプリを使い、iTunes Store / App Storeクレジットの残高をアップルストア実店舗で直接入金できるサービス。

iTunes Store / App Store クレジットを追加するにはクレジットカードを登録したり、どこでも売っているプリペイドの iTunes Card を使う方法があります。

新たに加わった iTunes Pass は iOSの Passbook アプリに追加されたカード (パス)。自分の iTunes アカウントが二次元コードで示されており、これをアップルストアで提示して入金したい旨を伝えれば、ストア店員がスキャンして支払金額を残高に追加してくれます。
日本では、というより日本でもあまり使われていないため存在も忘れられがちな Passbook は、バーコードや二次元コードを使い、iOSデバイスの画面に仮想ポイントカードやチケット類を表示するアプリ。

仮想カード(パス)ならば紙に出力したり実カードを何枚も持ち歩く必要がないこと、単純に紙のふりをするため既存の汎用光学式スキャナやカメラで容易に読み取れること、iOSの位置情報や時間と連動して必要な場所や時間にロック画面に現れるため慌ててカードを探す手間がないこと、各社のオンラインサービスとネット経由で連携できるといった点を売りにしたアプリ / サービスでした。

iTunes Pass は自分の iTunes アカウントをこの Passbook のパスとして提示します。使い方は今のところ、国内に数店舗しかない実店舗アップルストアで、現金で直接アカウントに入金すること。

クレジットカードやプリペイドカードでもクレジットは追加できますが、日本ではクレジットカードの使用率が比較的低く、またアカウント乗っ取りなどを警戒して自衛手段として登録しない人もいます。

さりとてプリペイドでは、アップルにとってはカードの生産と小売への卸し販売という中間過程が要り、ユーザーにとってもわざわざカードを買って剥がして手入力またはスキャン、という面倒があります。iTunes Pass は、国内にあまり数がないアップルストアでしか使えないため実験的規模ではあるものの、このあいだを省いてシンプル?にする実験のようです。

なおアップルはかつて、特定アーティストの新リリースが一定期間定額で届くシーズンパス的なサービスも iTunes Pass の名称で提供していました。今回の iTunes Pass とは関係がありません。

更新しないと遮断されました

20140715-075255-28375271.jpg

 米Adobe SystemsがFlash Playerの更新版を公開したことを受け、Appleは7月10日、OS X上で古いバージョンのFlashプラグインを遮断する措置を取ったことを明らかにした。

 Web上ではFlashやJavaなどのプラグインを介した攻撃が横行しており、Appleは2013年から、Javaプラグインの古いバージョンを遮断する仕組みを導入。Flashについても同様の措置を講じた。

 Flash Playerの最新バージョンは14.0.0.145と13.0.0.231。これより古いバージョンのFlashプラグインを使っている場合、SafariでFlashコンテンツを表示しようとすると「Flashが古くなっています」という内容のアラートが出て、更新を促される。

Flashの更新を促す警告メッセージ
 この画面で「Flashのダウンロード」ボタンをクリックすると、Adobeのインストール画面につながってFlash最新版をダウンロードできる。

 もし古いバージョンのFlashを使い続ける必要がある場合、Safari 6.1以降では、プラグイン管理の仕組みを使ってWebサイトごとにプラグインの有効/無効を設定することもできる。

iPhone6ではブラックが復活?

20140714-071155-25915920.jpg

海外ニュースサイトのMacRumorsがiPhone 6らしき背面パネル画像を複数掲載していますが、そのうちの一つに真っ黒な背面シェルがありました。これはひょっとすると、iPhone 6にブラックカラーが帰ってくるのかもしれません。

iPhone 5sにもブラックモデルはあるといえばあるのですが、それは「スペースグレー」という灰色がかった黒。今回の背面シェルの黒色は、むしろiPhone 5に登場したブラック&スレートを連想させます。
もちろん今回発見された背面シェルは公式発表前のものですので、単に試験的に生産されたという可能性も十分にありますが、個人的には復活を期待したいところです!

新言語をお試し‼︎

20140713-173601-63361701.jpg
 Appleは開発者向けのフォーラムは運営しているが、開発者向け情報提供の窓口として公式ページ上にブログを開設したのはこれが初めてだ。

 同社はiBooks Storeで、Swiftの電子版解説書を無料公開している。Swiftのチームは公式Twitterアカウントも持っており(Apple StoreのTwitterアカウントはあるが、Appleとしての公式アカウントはない)、Swift普及への意気込みがうかがわれる。

- PR -

公式Twitterアカウント
 公式ブログへの最初の投稿で、開発環境「Xcode 6 beta」の無償提供も発表された。

 従来Xcodeを入手するには年額99ドル(日本では7800円)のiOS Developer ProgramあるいはMac Developer Programに登録する必要があったが、無料のApple Developerとして登録すれば誰でも無料でダウンロードできる。

 Swiftは、これまでAppleのiOSおよびOS X向けアプリ開発で必須だった「Objective-C」に代わる新たなプログラム言語。開発環境はXCodeで、コンパイラはLLVMが標準となる。Appleによると、従来の言語より効率的で分かりやすく、高速に動作するという。

iTunesがアップデート

20140712-101752-37072341.jpg

 7月10日にAppleが公開した「iTiunes 11.3」は、iTunesで販売されている映画の特典などが楽しめる「iTunes Extras」の強化に対応したもので、対応OSはOS X 10.6.8以降、Windows XP SP3/Vista/7/8となっている。

 HDムービー向けに一新されたiTunes Extrasは、以前に購入したHDムービーも入手できるようになった時点で自動的に追加される(料金は不要)。また、ソフトウェア・アップデート 6.2がインストールされた第2世代および第3世代のApple TVのほか、2014年秋に提供予定の「iOS 8」を導入したiPod touch/iPhone/iPadなどでも新しいiTunes Extrasを楽しめるという。

 ファイルサイズはOS X版が239.6Mバイト、Windows版は112Mバイト(64ビット版は113.5Mバイト)となっている。

Apple Storeで買い物するのは100人に1人

20140711-103610-38170281.jpg

 Appleの小売り部門を以前統括していたRon Johnson氏は、スタンフォード大学ビジネススクールでのインタビューに答えて、実店舗とは販売チャネルというよりも体験であることを語った。

 「Apple Storeは皆が訪れるための場所」とJohnson氏は語った。買い物をするための場所でなく、訪れるための場所だという。

 そして、Johnson氏は、その裏付けとなるような数値を明らかにした。「毎日、Apple Storeを訪れる人100人のうち、品物を購入するのはたった1人」(Johnson氏)

 ただし、同氏は、「しかし、Apple Storeは、モール内で最も賑わっている店舗だ」と付け加えた。

 では、残り99人は何をしているのだろうか。自らとブランドとの関係性に身をゆだねている。Johnson氏によると、将来的に商店は、その実店舗を通してより親密さを生み出さざるをえないようになるだろうという。

 実店舗の成功は、パーソナライズされた親密さという感情を拡大することにある。Johnson氏は、「Apple Storeは多くの意味で、物事が進むであろう方向の先駆けとなっている」と述べた。

 Johnson氏は、J.C. Penneyの最高経営責任者(CEO)に就任するため、Appleを退職している。しかし、同氏にとって幸せな時間とはならなかった。Johnson氏は、何が失敗の原因と考えているかと質問されて、拍子抜けするほど正直に「傲慢さだ」と答えた。

最新特許を出願

20140710-093910-34750738.jpg

AppleInsiderによると、Appleは、外殻ケースがすべてガラス製のデバイスを作る方法で特許を出願した。それは、すべての部分を溶融して完全にシームレスな(継ぎ目のない)外見を作り出している。オールガラス製のケースには、iOSデバイスやテレビのモニタなどが収容されるのだろう。
ガラスだけの構造体が設計された目的は、耐久性の最大化と重量の節約だ。一体成型でなく溶融方式なのは、単一のガラスブロックだと重くなるからだ。溶融構造の内部のリブや部分的な強化成形もガラス製で、それらは、構造的にとくに弱いと思われる要所に配置されている。
iPhone 4では前面と背面にガラスのパネルが使われたが、この特許では完全にガラス製のケースに入れられたガジェットを作るから、ほかのメーカーのガラスを使った製品とはまったく違う美観になる。たとえばテレビのモニタの売り場にオールガラス製のRetina Cinema Displayがあったら、それだけが目立ってしまうだろう。またオールガラスケース入りのiPhoneが出たら、いつも以上にマスコミが騒ぎ立てるだろう。
ガラスには衝撃に弱いという性質があるし、そのほかの問題もあるだろう。Appleの特許によくあるように、Appleはただその技術を実験してみただけで、今はほかのことをやってるのかもしれない(サファイヤガラスもその例の一つだ)。しかし出願書類の中の発明者のところには、AppleのSVPで名人デザイナーJony Iveの名もある。ガラスの一体成型はSF映画やSFテレビドラマによく出てくる。だからAppleは、そういうSF的な未来を先取りしたいのかもしれない。

iTunes Uがアップデート

20140709-104820-38900223.jpg

Appleは現地時間7月8日、iPhone、iPad、iPod touch向けに、総合的な教育ソフトウェアiTunes Uのアップデート版をリリースしました。App Storeから無料でダウンロード可能です。

iTunes U 2.0では、教師、学生ともに使い勝手が大幅に向上しています。

学生向けの新機能として
学生は個人的にコースを受講し、その授業や宿題などへの質問が簡単に行えます。
クラスのほかの学生が、現在行われている討論に途中から参加したり、話し合われている質問に答えたりすることができます。
教師と学生は討論の進行にともないプッシュ通知が受けられるので、討論の内容についていくことができます。

教師向けの新機能としては、教師は自分のiPadのiTunes Uアプリを使い、コースを作成したり、更新したりすることができます。
学生全員へのオンラインのコースの提供、お知らせの書き込み、宿題の提示、授業に必要な資料のアップロード、授業を受けている学生の確認など、さまざまなことが可能です。
iPadの内蔵カメラを使い、授業に関する写真やビデオを撮影、アップロードできます。
さまざまなアプリを利用して、授業に必要な資料を作成できます。またアプリ内の「iTunes Uで開く」機能を使い、これらの資料をコースに簡単に追加できます。
認定された学校の教師は、自分のコースをiTunes Uカタログで公開し、誰もが無料で受講できるようにすることが可能です。

教育市場に強いAppleならではの、随所の工夫が光ります。

iWatchは高級路線で発売!!??

20140708-071352-26032013.jpg

Appleがまた、高級品名門ブランドの役員を引きぬいた。今度のPatrick Pruniauxは、高級腕時計Tag Heuerの営業担当VPで、彼は7年いた高級時計の世界を去り、Appleに加わる。上の写真で右から二人目がPruniauxで、iWatchの噂がやや盛り上がってきたタイミングでAppleに入ることになる。

Tag Heurは、Formula Oneシリーズの腕時計と、イメージキャラクターがTiger Woodsであることで知られている。

Reutersの記事によると、時計業界のアナリストたちはiWatchは高級品市場には食い込めない、と見ている。腕時計の中級品市場は、顧客がきわめて浮気っぽいことで悪名高い。しかしiOSで動くスマートウォッチは、うまくいけばクォーツや機械式腕時計からの浮気を誘うステータスシンボルになりうるかもしれない。スイスの時計メーカーの多くが、 スマートウォッチでは出遅れているが、でもSwatchのPaparazziウォッチは、WiFiでニュースをユーザの手首に運んでくれる。

Tim CookのAppleは、Pruniauxの前にも高級ブランドから人を引きぬいた。5月にはBurberryの元CEO Angela Ahrendtsを、そしてその前にはYves Saint LaurentのトップPaul Deneveを、かっさらったのだ。

これでいよいよ、iWatchの登場も間近か? それはPruniauxだけが知っている。われわれ外野から見てて分かるのは、Appleが高級品市場に三倍賭けしていることだけだ。

iWatchの方向性

20140706-183349-66829798.jpg

iWatchは高級路線になるかも。
アメリカの報道機関CNBCが、アップルはスイスの高級腕時計ブランド「タグ・ホイヤー」のセールスディレクターをiWatch開発のために引きぬいたと報じています。
なお、この情報は現在タグ・ホイヤーを傘下に収めるモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン S.A.(LVMH)のJean-Claude Biver氏によってCNBCによってもたらされたそうです。なんだか信頼度が高そうですね。また、一説にはこの人物はタグ・ホイヤーでセールス&リテール部門の副社長を務めていたPatrick Pruniaux氏であるとも伝えられています。
実は、アップルはiWatchの開発に向けてLVMHなどのスイス製高級ブランドとの接触を図っていると噂されていますが、その目的はおそらく、iWatchを「スイス製」として売り出すこと。中国で生産されたスマートウォッチとスイス製の高級時計では、ブランド価値が全く違いますもんね。
スイス製のiWatchは出たらぜひ欲しいけど、あまり高くなっても困るなぁ…。